睡眠麻酔治療

虫歯を治療する際、多くの人が麻酔を用いて痛みを緩和して処置が行われます。その際の麻酔は局部麻酔となり、治療箇所の痛みを緩和するために口腔内に麻酔を行います。しかし、虫歯治療では機械で歯を削る音がしたり、治療機器の針が見えたりと治療での痛み以外にも苦手と感じたり恐怖を感じたりする場面がたくさんあります。そこで、治療の痛みを緩和するだけでは歯医者への苦手意識を緩和できなかったり、怖くて通院ができないという人もいます。そこで、最近新たな方法として睡眠麻酔治療が行われる病院もあるのです。

この睡眠麻酔治療は、名前の通り睡眠状態に近い状態にして虫歯治療を行う方法です。静脈注射を行い全身麻酔に近い状態で虫歯の治療を行います。治療中、患者はうとうとした状態で治療を受けるので、緊張や不安、痛みといったものはほとんど感じることなく治療が行えるのです。

まだ、新しい治療法なため、細腰している歯科医院も多くはありません。また、新しい治療法ですし全身麻酔を行うため治療には不安が伴うものです。そこで、睡眠麻酔治療を受けたい場合には日本歯科麻酔学会が認定している歯科麻酔専門医が常駐している歯科医院を選ぶようにしましょう。

痛くない治療

歯の治療は痛みが伴うものであるという認識が強くあります。そのため、虫歯や歯の不具合を感じていてもなかなか通院したがらない人が多いものです。しかし、虫歯は放置していても治ることはありません。そこで、最近では可能な限り痛みを取り除いた状態で虫歯治療を行う病院が増えています。

最近は、虫歯の無痛治療を行う病院があり、ホームページや看板でそのようなキャッチコピーが書かれているところも多くあります。麻酔注射の痛みを抑えるために表面麻酔で歯茎の麻酔をしたり、治療で用いる針を細くしたりする工夫もしています。こういった器具の工夫は他にもあり、歯医者が怖いと感じる原因の一つである歯を削る音についても工夫がされています。歯を削る機器の回転数が高いものを使用すると音を小さくすることができるだけでなく、削る量も振動も軽減することができるため、多くの人が治療で苦手と感じることを改善することができます。

他にも注射の針を刺す場所を調整したり麻酔液の注入をする際に量や温度、スピードを調整して痛みや不快感を緩和したりする方法がとられています。このような措置は全ての医院で行われているわけではないですし、他にもその歯科オリジナルの対策がとられていることもあります。無痛治療を考えている人は希望の治療が行えるように、どのような治療がされているかを事前に問い合わせてから来院するようにしましょう。

歯科に通う

歯のトラブルが全くなく生活するというのはなかなか難しいものです。歯や口腔内のトラブルは我慢するのが難しいものです。痛みがあると食事をとることも飲み物を飲むことも難しくなりがちですし、頭痛や睡眠不足といった体調不良を引き起こすこともあります。どれだけ気をつけていても虫歯ができてしまうことがありますし、口内炎のようなトラブルも起きてしまうものです。

特に虫歯は自然治癒するものではないため、痛みがひどくなる前に治療のために通院が必要です。それ以外にも親知らずが生えてきて抜いたり、歯垢のクリーニングといった口腔内のメンテナンスであったり、最近では予防歯科というものもあり、歯のトラブルを予防するために歯科に通うこともあります。歯の痛みは自分ではどうすることもできないため、歯科で治療をしてもらわなければなりませんが、歯科での治療が好きだと言って通う人はほとんどいません。どちらかというと嫌いであったりイヤイヤ通っているという人がほとんどです。

現在、歯科はコンビニエンスストアよりも多くあると言われています。そのため、自宅や職場近くで歯科を探すと複数見つけることができますし、少し足を伸ばせばたくさんの歯科の選択肢が出てきます。そのため、痛みを感じず治療ができたり、日曜日でも診察をしてもらえたり、といったように自分の理想にあった歯科を探すこともできます。そこで、ここではもっとも多くの人が期待する痛みの少ない治療を行える歯科について紹介をしていきます。