睡眠麻酔治療

虫歯を治療する際、多くの人が麻酔を用いて痛みを緩和して処置が行われます。その際の麻酔は局部麻酔となり、治療箇所の痛みを緩和するために口腔内に麻酔を行います。しかし、虫歯治療では機械で歯を削る音がしたり、治療機器の針が見えたりと治療での痛み以外にも苦手と感じたり恐怖を感じたりする場面がたくさんあります。そこで、治療の痛みを緩和するだけでは歯医者への苦手意識を緩和できなかったり、怖くて通院ができないという人もいます。そこで、最近新たな方法として睡眠麻酔治療が行われる病院もあるのです。

この睡眠麻酔治療は、名前の通り睡眠状態に近い状態にして虫歯治療を行う方法です。静脈注射を行い全身麻酔に近い状態で虫歯の治療を行います。治療中、患者はうとうとした状態で治療を受けるので、緊張や不安、痛みといったものはほとんど感じることなく治療が行えるのです。

まだ、新しい治療法なため、細腰している歯科医院も多くはありません。また、新しい治療法ですし全身麻酔を行うため治療には不安が伴うものです。そこで、睡眠麻酔治療を受けたい場合には日本歯科麻酔学会が認定している歯科麻酔専門医が常駐している歯科医院を選ぶようにしましょう。