痛くない治療

歯の治療は痛みが伴うものであるという認識が強くあります。そのため、虫歯や歯の不具合を感じていてもなかなか通院したがらない人が多いものです。しかし、虫歯は放置していても治ることはありません。そこで、最近では可能な限り痛みを取り除いた状態で虫歯治療を行う病院が増えています。

最近は、虫歯の無痛治療を行う病院があり、ホームページや看板でそのようなキャッチコピーが書かれているところも多くあります。麻酔注射の痛みを抑えるために表面麻酔で歯茎の麻酔をしたり、治療で用いる針を細くしたりする工夫もしています。こういった器具の工夫は他にもあり、歯医者が怖いと感じる原因の一つである歯を削る音についても工夫がされています。歯を削る機器の回転数が高いものを使用すると音を小さくすることができるだけでなく、削る量も振動も軽減することができるため、多くの人が治療で苦手と感じることを改善することができます。

他にも注射の針を刺す場所を調整したり麻酔液の注入をする際に量や温度、スピードを調整して痛みや不快感を緩和したりする方法がとられています。このような措置は全ての医院で行われているわけではないですし、他にもその歯科オリジナルの対策がとられていることもあります。無痛治療を考えている人は希望の治療が行えるように、どのような治療がされているかを事前に問い合わせてから来院するようにしましょう。